浴室乾燥機のデメリット

フィルター掃除がかなり面倒

浴室乾燥機は非常に便利な機能で、上手く活用できれば生活を助けてくれます。反面デメリットもあるので、自分の生活に合うかどうかよく確認するようにしましょう。何でもそうですが、装置が増えればそのためのメンテナンスが必要になります。浴室乾燥機の場合は本体に取り付けてあるフィルター掃除が必要になるのです。このフィルターは意外によく汚れるので、まめな掃除が必要になります。フィルター掃除を怠ると乾燥機が機能を発揮できないだけではなく、健康にもあまりよくありません。ときには乾燥機から黒い埃が落ちてきて折角の新しいお湯を汚してしまうことも。風呂場の高い位置にあるので取り外すのも一苦労で、定期的な掃除が煩わしいと感じる人は少なくありません。

お風呂が塞がってしまうデメリット

浴室乾燥機で洗濯物を乾かすためには、外で干すときと同じように洗濯物をハンガーにかけて浴室内に吊す必要があります。この作業が手間だと感じる人も多いようです。洗濯乾燥機を使えば機械が乾燥まで行ってくれるので干す作業は必要ありません。もちろんそれだけ生地が傷みやすいのですが、やはり手間の少なさは忙しい人にとって大きな長所となるのです。また、浴室で乾燥を行うと、その間はお風呂に入れなくなってしまいます。自分一人で生活している場合は簡単にタイミングを調節できますが、家族と同居だと難しいでしょう。どうしても入る場合は一度洗濯物を移動させ、お風呂を沸かして入り、もう一度洗濯物を干すという作業が必要になります。